「J」の叫び (ここは楽園なのか?それともゴルコダの丘なのか)

ブログトップ

カテゴリ:趣味( 4 )

音楽鑑賞

 昨日jo予選が終わってから熊本までライブを聞きに行ってきました。

自分から足を運ぶほど豆ではないので、こんなことは初めてです(いやいや2回目)

ジェイク・シマブクロのコンサート以来です。


熊本のc高校水泳部の重鎮からのお誘いで、積雪の心配をしながら熊本まで遠征して来ました。

私はTVで見たことは無いのですが、ヘキサゴンで取り上げられているらしい歌手で

RYOEIといいます


「顔は良くないが歌はいい」と重鎮からのお勧めで事前にCDを頂いていたので

通勤で聞いているうちに私もすっかりファンになってしまいました。


重鎮からのお誘いで来られている客が100名ほど、店は身動きがとれない状態でした。


世の中にはこんなに声量のある人もいるんだと関心してしまうほど凄い歌声でした。


TVで流れている曲を2曲歌いましたが、私の知っている旧アルバムの曲はあまり


歌ってくれなくて残念でした。



残念といえば 歌も聴かずに喋り続けるobahan が私の後ろに


ぶちけれそうなところまできました。033.gif


・・・・・・・・・我慢しました047.gif




モラルのない人がライブに来ると迷惑ですね~


周囲の人はたまったものではありません。


重鎮の息のかかった人だからと思ってぐぐぐぐぅ~と


「うるさい!」の一言を飲み込みました031.gif
[PR]
by banira_koikoi | 2011-01-31 07:45 | 趣味

後悔

昨日の夕方 福岡ドームに隣接している映画館に行って来ました。

目当てがあったわけではないのですが単に暇つぶし

ちょうど時間的に都合が良かったのが「ノルウェーの森」

一月前に読んでいたのでちょうど良いかなと思いました。


昔から読書嫌いの私が、文学的な賞を受賞したこの作品を気にしていたのですが

ちょっと敷居が高い感じがしてなかなか手が出せませんでした。


しかし、最近読書で暇つぶしをすることが多くなりちょうど映画化のことを知り

勇気をだして挑戦しました。


感想は


・・・・・・・・・ん・・・・・・・・・


何か分からん作品でした。 きっと私の文学的素養の無さが作品のすばらしさを

受け止められないのだろうと思っていました。


もともと東野圭吾ばかり読んでいる私には、この作品は川の水がゆるやかに流れる

ようにゆっくりゆっくりとした表現で、性の描写があってもすごく表現がゆるやかで

引き込まれることもありませんでした。なだらかな山を眺めるよな感じで激しさや

ドキドキがありませんでした。



映画では・・・ と思い


映画を観ることに・・・


客は私を含め4人


集中できる環境です


しかし、  10分もにたら うとうと


半目状態


でも話には付いて行ける


あ~あ 騙された


後悔です


もったいないことした~ぁ007.gif



おい047.gif 村上春樹 時間とお金 返してくれー
[PR]
by banira_koikoi | 2011-01-26 13:23 | 趣味

まだ始まったばかり

来月の中旬から信州でスキー実習の引率予定があり最近錆びた体に鞭打って頑張っています。
1H1Eの間隔ですが(私のHとは運動すること、即ち人様のいう激しさはありません)
大濠公園を2周あまりランニング、そしてウエイトです。1時間程度ですが膝の痛みがあります。


ひざが錆付いています




イタイ~  イタイ~



アッ



おばちゃんに抜かれた002.gif




クソ~  同じスピードで行ったる!




やっぱり 無理  無理やわ




あんな がんばらへんかったらよかった~




「止めようよ」と悪魔の囁きが聞こえます。031.gif





また「明日からがんばろ」と悪魔の囁きが聞こえます。031.gif











もちろん自宅では禁酒です。007.gif


私が禁酒しているからといっていらぬ遠慮はしないで飲み会のお誘いは受け付けます
[PR]
by banira_koikoi | 2011-01-19 20:08 | 趣味

震災

 阪神淡路震災から16年 早いものです
16年と簡単に言ってしまいますが、赤ん坊だったら高校生までに
成長する歳月が経ってしまいました。幸い私の親族で被害が遭った者は
いませんでしたが、間一髪のところで助かった叔母がいました。兵庫の
洲本市に住んでいた叔母ですが、箪笥が倒れてつぶされそうになったそうですが
たまたま体に当たらなかったそうで命拾いをしたそうです。

私の実家は大阪市内ですが8階に住む両親は、震災後余震に怯える日々を送り
軽い心身症になっていました。今は一人住まいとなった母はお風呂に
一人入ることが怖いそうで、冬は銭湯に通っているそうです。

町並みは復興を遂げましたが、多くの方の心の中に震災の傷は残って
いるのかも知れません。

今日から私の読書(学校では朝読書か実施)は東野圭吾の幻夜に挑戦です。
分厚い本でいやになりそうですが・・・

物語は震災に遭った若者が震災直後に人を殺してしまうところから始まります。
タイミングだけ(季節的なロケーション)を優先して手にしました。
[PR]
by banira_koikoi | 2011-01-17 17:56 | 趣味